変形性膝関節症で曲げ伸ばしラクラク!栄養成分しっかり摂って治そう

男性

優れた食物繊維です

栄養補助食品

キトサンを摂取するとコレステロール値の抑制効果を実感することが可能です。ただし、カニやエビの殻は分解しづらいので、サプリメントでの摂取が最適と言われています。また、キトサンはダイエット効果も期待できる栄養素です。

Read More...

相性の良い成分を配合

シニア

グルコサミンサプリメントは、グルコサミンとコンドロイチン、コラーゲン、ビタミンCの4つの成分が配合されているかを確認して選ぶことが重要です。世田谷自然食品のグルコサミン+コンドロイチンは、4つの成分とも配合されている唯一のサプリメントです。

Read More...

タンパク質で関節を元気に

老夫婦

関節に効果的な成分とは

40歳以上の日本人の中で約2500万人が変形性膝関節症を患っています。年齢を重ねると、関節に何らかの障害が起こりやすくなりますが、中でも特に多いと言われているのがこの変形性膝関節症になります。男性の約4倍女性に多く見られ、70歳の女性の7割が変形性膝関節症だとされています。主な症状は膝の痛み、変形、関節液が溜まることです。初期では痛みは少なく、症状が進行するにつれ痛みや関節液が増し、変形も強くなります。関節の疾患の場合、カルシウムやグルコサミンなどの栄養素を摂取したほうが良いと言われています。これらは関節や骨の修復などに役立ちます。そして、意外と知られていないのが「タンパク質」の存在です。タンパク質は身体のあらゆる器官を作る成分です。もちろん骨や関節、軟骨などにも必要不可欠です。カルシウムやグルコサミンなどと一緒に、タンパク質も積極的に摂取する必要があるのです。

タンパク質の特徴と摂取量

加齢に伴い食事量が減り、思うように栄養を摂れていない人が多くみられます。また、最近の食生活の乱れは高齢者にも見られる現象で、身体が老化することで自炊が難しくなり、コンビニ弁当などで食事を済ませる人が急激に増えています。このような栄養バランスの偏りは、変形性膝関節症をはじめ、身体に様々な障害をもたらします。タンパク質は、肉類、乳製品、大豆製品などに多く含まれます。一日の摂取目安は体重1kgに対し1g以上とされています。なので、自分の体重をグラムに置き換えると、一日に必要なタンパク質量がわかります。コンビニ弁当などをよく利用している場合は、栄養成分表を見てタンパク質量を計算してみると良いでしょう。食事の絶対量がどうしても増やせないという人は、健康食品などを利用することをおすすめします。その際、変形性膝関節症に効果的とされているカルシウムやコンドロイチンが一緒に配合されているものを選ぶとなお良いでしょう。タンパク質の一種であるコラーゲンであれば、サプリメントで手軽に摂取することができるのでおすすめです。

即効性のある脚痩せ方法

サプリメント

ダイエットをしても脚だけが痩せない、そんな人は足のむくみがその原因になっている可能性があります。むくみの解消には適度なマッサージやサプリメントを活用するのがオススメです。サプリメントはその商品によって内容成分、効果が変わってくるので、購入の際はしっかりとチェックしていくようにしましょう。

Read More...